シアリスと併用禁忌薬、飲んだら死亡?

ED(勃起障害)治療薬シアリスは、併用禁忌薬が多いです。
代表的な併用禁忌薬は、狭心症治療薬のニトロ系の薬(硝酸剤)です。硝酸剤は飲むタイプだけではなく、貼り薬、吸入薬、塗り薬、スプレー、など種類があるので注意が必要です。
貼り薬であっても、皮膚から有効成分が吸収されます。それがシアリスの有効成分と相乗作用を起こして急激な血圧低下を引き起こしてしまう危険性があります。
シアリスは体の血流改善を促して、ペニスへの血流増量によって勃起をサポートする薬です。
硝酸剤も同様の効果があり、細胞内のcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)の濃度が高まりすぎてしまうことで、症候性低血圧を引き起こしてしまう恐れがあります。場合によってはショック状態で心肺停止まで引き起こしてしまうこともあるので、絶対に併用してはいけません。
他にも、β遮断薬の一部や緑内障治療薬の一部が併用禁忌になっています。
硝酸剤とシアリスを併用した場合についてもう少し詳しく見ていきます。
シアリスは血流を促すcGMPを減らしてしまう、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)の働きを阻害する薬です。一酸化窒素(NO)の存在下で細胞内のcGMP濃度が上昇して、平滑筋の弛緩を増強させます。硝酸剤やNOを供給させる薬と併用すると、血管の平滑筋の弛緩によって降圧作用が強まりすぎて、過度の血圧降下を生じてしまいます。
現在すでに飲んでいる薬がある人は、ED治療のときに必ず何の薬を飲んでいるかを伝えておきましょう。飲んでいる薬の種類が多すぎてわからない人は、お薬手帳を持参していけば医師が確認して判断してくれます。
併用禁忌薬を誤って使ってしまわないようにしましょう。